MEDIA INFORMATION

天高く 虹色の夢こい  元気楽しむ

掲載日付 2012/04/29(日)
掲載媒体 毎日新聞
白い巨大こいのぼりに子供たちが魚の絵を描いて埋め尽くし、巨大クレーンにつるして泳がせる「神戸スイミープロジェクト」の掲揚式がこのほど、神戸市灘区の摩耶埠頭であった。5月5日の端午の節句まで好天の日に掲げられ、市民の目を楽しませている。
同区で玩具問屋を経営する栗須哲秀さん(35)らが「東日本大震災もあり、暗い気持ちになっている子供たちに、力を合わせて夢を持つ大切さを感じてほしい」と企画。4月1~21日、市内の幼稚園や小学校などで長さ25㍍の白いこいのぼり2匹に子供たちが虹色の小魚計約1万2000匹を描き、将来の夢などを書き込んでいった。21日の掲揚式には制作に携わった子供たちや地元住民らが参加。
高さ約50㍍のクレーンに13匹のこいのぼりとともに徐々に掲げられ、風を受けて空に泳ぐと歓声と拍手が起こっていた。西灘小5年の岸本裕真君(10)は「虹色がきれい。自分が描いたこいのぼりが空に上がってくれてとてもうれしい。こいのぼりを見てみんなが元気になってほしい」。
栗須さんは、「子供たちはもっと萎縮しているかと思っていましたが、みんな夢も願いも具体的に持っていました。こちらが元気をもらいました」と話した。

スイミープロジェクトに
いいね!しよう

Twitter で

メディア一覧

主 催

スイミープロジェクト実行委員会

企画運営

株式会社クリス

お問い合わせ

info@kobe-swimmy.com

後 援

神戸市、神戸市教育委員会、兵庫県、兵庫県教育委員会、灘区役所、神戸商工会議所、一般社団法人神戸青年会議所、伊賀市教育委員会、台湾宜蘭頭城鎮公所、ニューカレドニア、神戸開港150年記念事業

協 力

川崎市、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

©スイミープロジェクト実行委員会 ALL COPYRIGHTS RESERVED.

無断複製、配布する事を固く禁じますが、盛り上げる事は大歓迎します。