MEDIA INFORMATION

子どもらの夢 大空へ

掲載日付 2012/04/06(金)
掲載媒体 神戸新聞
須磨海浜水族園
色とりどりのペンを手に 巨大こいのぼりに書く5月5日の「こどもの日」を1カ月後に控え、神戸市立須磨海浜水族園(須磨区若宮町1)で、長さ25㍍の巨大こいのぼりに、来園者が願い事を書き込むプロジェクトが始まった。15日まで参加できる。
長さ25㍍、幅4㍍のこいのぼりを、21日から、摩耶埠頭に揚げる「神戸スイミープロジェクト」の一環。玩具会社を経営する栗須哲秀さん(35)=灘区烏帽子町3=が「協力し合い、一つのことを成し遂げる喜びを知ってもらおう」と企画した。
こいのぼりは、1日から市内の保育園などを巡回。行く先々の子どもらが、白地のこいのぼりの布に、赤や黄のスタンプで、6千匹の魚を描いてきた。
同園では、エントランスホールに専用のコーナーを設置。魚1匹ずつに、来園者が夢や思いを書き込む。参加した子どもらは、色とりどりのペンで「友達がたくさんできますように」「パンやさんになりたい」など書き込んでいた。西灘小3年の金沢朋也君(9)、高木孝晟君(9)は「サッカー選手になりたいって書いた。空に揚がったら、また見に来たい」と話した。
同園で制作したこいのぼりは、摩耶埠頭で展示された後、5月7日から、園内に揚げるという。

スイミープロジェクトに
いいね!しよう

Twitter で

メディア一覧

主 催

スイミープロジェクト実行委員会

企画運営

株式会社クリス

お問い合わせ

info@kobe-swimmy.com

後 援

神戸市、神戸市教育委員会、兵庫県、兵庫県教育委員会、灘区役所、神戸商工会議所、一般社団法人神戸青年会議所、伊賀市教育委員会、台湾宜蘭頭城鎮公所、ニューカレドニア、神戸開港150年記念事業

協 力

川崎市、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

©スイミープロジェクト実行委員会 ALL COPYRIGHTS RESERVED.

無断複製、配布する事を固く禁じますが、盛り上げる事は大歓迎します。