MEDIA INFORMATION

犠牲75人 鎮魂の灯

掲載日付 2015/08/21(金)
掲載媒体 読売新聞

広島土砂災害1年

更地となった住宅跡にともされた追悼の灯籠。被災地を元気づけようと、こいのぼりも掲げられている。
75人が犠牲となった広島市北部の土砂災害から1年を迎えた20日、市と
広島県による追悼式が広島国際会議場(広島市中区)で営まれ、参列した
遺族ら約1100人が犠牲者を悼むとともに、災害に強いまちづくりへの決意
を新たにした。
式では全員で黙とうをささげた後、松井一実市長が「災害を教訓に誰もが
安全に安心して暮らせるまちの実現にまい進する」と述べた。
遺族代表として、夫敏治さん(当時74歳)を亡くし、自身も左足を切断する
大けがを負った宮本孝子さん(75)(同市安佐北区)が車いすで壇上に上がり、
「悲しむのは私たちだけで十分。二度と犠牲者が出ないことを願う」と話した。
同日夜には、被災地となった同市安佐南区八木、緑井両地区の5か所で、
復興を願うメッセージが書かれた紙灯籠や竹灯籠計約1000個に火がともされ、
住民らが犠牲者の冥福を祈った。

スイミープロジェクトに
いいね!しよう

Twitter で

メディア一覧

主 催

スイミープロジェクト実行委員会

企画運営

株式会社クリス

お問い合わせ

info@kobe-swimmy.com

後 援

神戸市、神戸市教育委員会、兵庫県、兵庫県教育委員会、灘区役所、神戸商工会議所、一般社団法人神戸青年会議所、伊賀市教育委員会、台湾宜蘭頭城鎮公所、ニューカレドニア、神戸開港150年記念事業

協 力

川崎市、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン

©スイミープロジェクト実行委員会 ALL COPYRIGHTS RESERVED.

無断複製、配布する事を固く禁じますが、盛り上げる事は大歓迎します。